<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ワシントン・ウィザーズを振り返る。

 ワシントン・ウィザーズを振り返りたいと思います。僕がNBAを見始めた97-98シーズンから名前をブレッツからウィザーズに変えていたんですね。

 97-98シーズンはジュワン・ハワードとクリス・ウェバーのFコンビとPGのロッド・ストリックランドが中心でした。この年ストリックランドは10.5Aでアシスト王になったりもしたんですがプレイオフには届かず・・。この時クリス・ウェバーはキングス時代の輝きはまだ放ってなかったですがそれでももっと勝てたんじゃないかなとは思いました。


 


  クリス・ウェバーが素行の悪さでトレードされキングスのSGミッチ・リッチモンドが加入するも成績は好転せず、2000年にはウィザーズ共同オーナーにあのマイケル・ジョーダンが加入。01-02、02-03シーズンはジョーダンが選手としてチームに貢献するために加入。が、これもプレイオフ進出にはいたらず。この時期若手選手を育てるためにジョーダンは選手として復帰したのですが、ジョーダン次第でチームが浮沈していてかわいそうでしたね。

 03-04年からは、ウォーリアーズで伸び盛りだったPGのギルバート・アリナスが加入。後に加入するアントワン・ジェイミソン、カロン・バトラーの3人が中心となってちょっとチームとして上向きになります。03-04シーズンに45勝してセミカンファレンスまで進出。

 この後はプレーオフに進むも5割前後をうろうろ。オフェンス偏重で3人で点は取るんですがDFが向上せずなかなか勝てず。あとアリナスとバトラーがちょいちょい怪我で休みがちだったのも痛かったです。2009-10シーズンにはアリナスがロッカールームに銃を持ち込みシーズン終了まで出場停止。これでチームのイメージが一気に悪くなりましたね。

 今は2010年1位指名のPGジョン・ウォールを中心に再建中です。去年もウィザーズはだいぶ苦戦していました。11-12シーズンは26勝56敗 。今のロスターを見てみると去年よりは期待は持てそう。Cは去年からネネを獲得。オフシーズンに機能してなかったラシャード・ルイスをトレードしてDFが得意なトレーバ・アリザ、エメカ・オカフォーを獲りました。
 総合的なDF力は上がったと思うのですがフロントコートのOF力はイマイチ。バックコートの2人が点を獲れれば面白いチームになってくるはず。SGは3年目のジョーダン・クロフォードが担うのか、ルーキーのブラッドリー・ビールがスターターになるのか。ジョン・ウォールが周囲を生かして勝てるようになればプレーオフにはいけるんじゃないでしょうか。
関連記事

| NBAヒストリー98~ | 21時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/97-3e20d1a3

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。