<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

各シーズンアワード受賞者(1)とプレイオフで怪我人続出

コーチ・オブ・ザ・イヤー グレッグ・ポポビッチHC(スパーズ)
今年こそ成績が落ちると言われ続けての今シーズン変わらぬ強さでリーグトップの50勝16敗。まぁ、順当ですね。今年のプレイオフは同じ二の轍は踏みません。ただいま第8シードのユタ・ジャズと対戦中、3連勝しています。サンダーのスコット・ブルックスHCだと僕は思っていましたが次点にも入りませんでした。(次点はティム・ディボドーHC)

ディフェンシブ・オブ・ザ・イヤー タイソン・チャンドラー(ニックス)
漠然とドワイト・ハワードが獲るのかなと思いましたがチャンドラーが獲得。確かにチャンドラーの加入で失点は減りました。次点がサンダーのサージ・イバカ。平均ブロック数は3,65で堂々トップです。

MIP ライアン・アンダーソン(ORL)
最も船長した選手に贈られるMIP。3Pが冴え渡り一本立ち。マジックの戦術にも合って成績を伸ばしての受賞です。次点はバックスのアーサン・イリヤソバ。



 プレイオフが始まっておりますが、怪我人が続出しております。ブルズは第1戦でデリック・ローズが靭帯損傷でシーズンアウト。その後、センターのジョアキム・ノアも足首捻挫で負傷。チームは初戦勝利の後3連敗してしまいました。アップセットのピンチになっています。

 クリッパーズはSFのカロン・バトラーが第一戦で左手を骨折。試合には出ています。ホークスのSFのジョシュ・スミスは第3戦を怪我で欠場。第4戦は強行出場しましたが勝利にはいたらず。欠場していたホーフォードも控えで出場しましたが勝てませんでした。サンダーはセンターのケンドリック・パーキンスが第4戦で怪我退場しています。

今年は怪我人がいないチームが上位進出してくるんですかね。

 
関連記事

| NBAニュース11-12 | 17時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/73-338d0de0

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。