<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1999年のロックアウトの感想

 NBAニュースを探していたのですが、NBAは今選手会側とオーナー側が対立しています。1999年以来のロックアウトに入っています。これによって選手に給料が払われなくなります。他にも選手と各チームは一切会う事ができません。来シーズン予定通りにレギュラーシーズンが始まるかどうかは未定なのですが一刻も早く解決して欲しいのがファンの願いであります。ロックアウト中なので選手のトレードとかの話は一切出てこず、最近はNBA選手が海外でのプレーとかの記事が多くなっています。

  


 1999年のロックアウトのときはさまざまな面で影響がでました。82試合が50試合に減らされ、準備不足の選手や、シーズンに合わせられず明らかに体重オーバーで出てくる選手もいました。オールスターゲームも行われず、当時はかなり異常な感じで見てました。休み無しで3試合連続で試合っていうのもあったし、選手側にはかなり負担がかかっていたのではないでしょうか。

 その中でサンアントニオ・スパーズが優勝したのですが、その後、数年後にスパーズが2回目の優勝をするまでは、あの優勝は「短縮シーズンの優勝」とかいろいろケチをつけられていました。

 前のときとの違いは、今回の方が海外移籍が多いと思います。こんなに移籍はなかったです。いろいろチームにも選手にも影響を与える「ロックアウト」。ぜひとも回避してもらいたいものです。


関連記事

| NBAその他 | 20時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/5-bb677a8a

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。