<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

サンズ次世代PGは誰になるのか。

 2,3年前から気になっています。今はスティーブ・ナッシュが37歳という年齢を感じさせないプレーでPGのポジションは安素ですが僕はこの後が気になります。次は誰がやるのか。というのもサンズにはずっと優秀なPGがいた印象があるからです。


 97-98シーズンにケビン・ジョンソン、ジェイソン・キッド、スティーブ・ナッシュがサンズに在籍していたのは、運命に近いものを感じます。ケビン・ジョンソンはサンズの永久欠番選手で92-93シーズンにはチャールズ・バークリーと共にNBAファイナルに進んでいます。

 サンズはずっとインサイドが弱い印象があります。1番から4番までは揃うけどセンターがいなかったですね。アマレ・ストウダマイヤーがいたとき彼がCのポジションにつきましたがナチュラルポジションはPFです。にもかかわらず04-05、06-07シーズンにそれぞれ62勝、61勝したのは頼れるフォワードコンビ(アマレ・ストウダマイヤー、ショーン・マリオン)に広い視野でパスを出せるナッシュの力が加わったからでしょう。

 僕がナッシュで印象的だったのはマブス在籍時の00-01シーズンプレイオフ1stラウンドユタ・ジャズとの第3戦、終盤ジャズがリードしていましたが最後ナッシュのクラッチシュートで逆転勝利したんですよね。このあとマブスは2連勝して3勝2敗でシリーズを逆転勝利します。ベテラン揃いのジャズと若手チームのマブスの世代交代を感じたとともに、ナッシュは勝負強いんだなぁと思いました。

 ナッシュはかつての名PGジョン・ストックトンのように40歳ぐらいまでプレイできるんではないでしょうか。その間にサンズにナッシュに続く次世代のPGが出てきて欲しいです。

 

 
関連記事

| NBAプレイヤー | 17時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/49-b5ec51e4

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。