<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ポジション別考察C編

 第2弾センター考察です。長身の選手がこのポジションになることが多くオフェンスでもディフェンスでもインサイドの要であります。得点、リバウンド、ブロックで活躍するのがセンターです。ただ近年はセンターでオールスター級の成績を残す選手はなかなかいなくなりましたね。今一番のプレイヤーはマジックのドワイト・ハワードですね。鋼の体を持ったインサイドプレイヤーです。年々成長し、20点10Rが計算できるプレイヤーにまで成長していきました。


 今20点10Rとるセンターはなかなかいないですよね。ロケッツのヤオ・ミンが引退して対抗するセンターがいなくなってしまったのでしばらくは彼の独壇場になるのではないでしょうか。

 後は中堅若手が続きますね。若手だとネッツのブルック・ロペス、グリズリーズのマーク・ガソル。ジャズのアル・ジェファーソンもセンターでプレイしてますけど、ジェファーソンはPFでプレイした方がいいと思います。慎重は208cmです。でもこの身長でCやってる選手は結構多いんですよね。ヒートのアロンゾ・モーニング、シクサーズ等でプレイしたティオ・ラトリフとか。中堅はナゲッツのネネ、クリッパーズのクリス・ケイマンですか。DFがいいのがマブスのタイソン・チャンドラーやサンダーのケンドリック・パーキンス。

 インサイドでプレイするのでケガがしやすいのも特徴ですね。多分一番ケガが多いポジションじゃないでしょうか。シャックもヤオ・ミンも毎年怪我していましたね。現役だとバックスのアンドリュー・ボーガット、ブレイザーズのグレック・オーデン等がケガが多いです。

 珍しいのがサンズのチャニング・フライとロケッツのチャック・へイズ。フライはC/Fなのに3P成功率が4割近いです。サンズのオフェンスにマッチし、活躍中です。ヘイズは198cmの低身長でCのポジションにつきます。すごいなぁ。昨シーズンも63試合にスターターで入ってます。

 来シーズン期待したいのはマーク・ガソルが再契約すればグリズリーズですかね。PF/Cがどっちも強力なチームってなかなかないので期待したいです。
関連記事

| ポジション別考察 | 19時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/38-17e1c8c4

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。