<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ダラス・マーベリックスというチームを見てきた感想

 相変わらずロックアウト継続中で、あまりニュースがありません。なので第2弾として今年の優勝チームダラス・マーベリックスを2000年前後から振り返りたいと思います。昨シーズンの優勝チームですが、以前このチームには、ダーク・ノビツキーと現フェニックス・サンズの司令塔スティーブ・ナッシュとノビツキーより古参であるマイケル・フィンリーが中心になってチームを支えていました。


僕は3人がいるうちに優勝すると思いましたが優勝したときはノビツキーしかいませんでした。ノビツキーのフェイダウェイって変わってますよね。いつも打つのが遅いというか。あの特徴的なフェイダウェイは誰にも止められないようです。

 マブスは1990年後半からドン・ネルソンがHCでオフェンス偏重スタイルでDFがイマイチ。オーナーがマークキューバンという人でとてもマブスを愛しています。このマーク・キューバンはちょっとすごいオーナーです。マブスのジャージを着て、コートサイドで応援するという。そんなオーナー見たことないです。数々の発言でリーグから罰金を課せられていたりもしてます。キューバンがオーナーになってからマブスがどんどん強くなっていきます。

 このチームは毎年主力選手を入れ替えてた印象があります。ニック・ヴァンエクセル、ジュワン・ハワード、アントワン・ジェイミソン、エリック・ダンピアー、ジェイソン・テリー等たびたび主力選手が変わりました。キューバンがお金持ちだからできることですが、トレードしなくてもいいのではとも思うときもありました。ハワードと扱いづらいヴァンエクセルのトレードの時なんか変えなくていいじゃんと思ってました。(マブス時代のヴァンエクセルは活躍してましたが)

 でもついにマブスは05-06シーズンにNBAファイナルに進みます。HCはネルソンからエヴリー・ジョンソンに代わっていました。相手はドゥエイン・ウェイド率いるマイアミ・ヒート。怪物シャキール・オニールが移籍して二年目でした。この時はヒートが球団初の優勝を達成します。

 この次の年マブスはリーグ最高勝率(67勝15敗)でプレイオフに進みます。ですがここでカンファレンス8位のウォーリアーズにまさかのアップセットをくらい敗退。ノビツキーがプレーオフに弱いとは思いませんでしたが優勝するには何かが足りない。次の年にはジェイソン・キッドを呼び戻しますが、昨年より勝率が下がり、プレーオフでは2年連続1回戦負けになります。

 今年も優勝するとは正直思っていませんでした。僕は善戦チームで終わると思いました。チームもショーン・マリオンとカロン・バトラーは共存できるのかとか。シーズン序盤はマリオンが控えに回っていましたがスターター級の選手なのにもったいない。

 今年のマブスは序盤から調子がよくシーズン中盤で主力のカロン・バトラーがケガでシーズン全休になったにもかかわらず57勝25敗ウエスタンカンファレンス3位でプレイオフに進みます。カンファレンスセミファイナルでは3連覇のかかるロサンゼルス・レイカーズに対し、スウィープ(4連勝)で勝ちカンファレンスファイナルに進みます。

 最後の第4戦ダイジェストで見ましたがアンドリュー・バイナムのファウル。あれはいけません。レイアップしている相手の選手にエルボーしていました。点差が離れてイライラしていたかもしれませんが絶対やってはいけないと思います。

 次のカンファレンスファイナルでケビン・デュラント率いるオクラホマシティーサンダーを倒しNBAファイナルに進むわけですが、相手は5年前と同じマイアミ・ヒートです。ウェイドは同期のレブロン・ジェームズとクリス・ボッシュが入り新たにBIG3を形成していました。第3戦ホームで敗戦しますが、アウェーの第4戦でヒートに勝利します。ここで流れがマブスに変わりついに4勝2敗でマブスが初優勝します。

 MVPはもちろんノビツキーです。ジェイソン・キッドのプレイメイクも光っていました。ニュージャージー・ネッツを一年で強豪にした実力はやはり超一流です。キッドはもう大ベテランなので得点が下がっていくのはわかるんですが、キッドのFG率は全盛期のときも4割前後なんですね。重要なシュートはきっちり決めている印象があります。

 今年連覇を狙いたいマブスですが、長期的なことも考えてFAで誰を残す見極めなけなければなりません。特にCのタイソン・チャンドラーとSFのカロン・バトラー、控えガードのホセ・バレアは今年のFAの人気株です。果たしてどうなるのでしょうか?
関連記事

| NBAヒストリー98~ | 00時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/14-e76c5955

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。