<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

NBAドラフトと高卒

 高卒選手で有名なのはレイカーズのコービー・ブライアント、セルティックスのケビン・ガーネット、ヒートのレブロン・ジェームズあたりですね。今ってドラフトで高卒選手は指名できないんですよね。


 うん、これは正解じゃないですか。一年でもいいから大学には行ったほうがいいと思います。(できたら卒業)クラミ・ブラウンとかダリアス・マイルズを見ているとそう思います。高卒選手はまだNBAで通用する体や技術を持ってないという記事も目にします。大学卒業の選手でも駄目な人は駄目なのですがたとえ一年だけでもカレッジバスケットをやる意味はあるんじゃないでしょうか?

 活躍している選手もいるにはいるんですが。上記の3選手のほかにニックスのアマレ・ストウダマイヤー、マジックのドワイト・ハワード、レイカーズのアンドリュー・バイナムなどですね。いい選手はいるんですがやはりてばなしで賛成はできないです。ルーキーから成績が抜群という感じでもない気がします。コービーがスコアラーとして有名になったのは数年先ですし、レブロンはルーキーの時、得点アベレージが20.9点でしたがFG率は4割前後でした。ケガでもう旬を過ぎた選手もいます。

 スパーズののティム・ダンカン、ブレイザーズのブランドン・ロイなどは大学で4年間プレーしてちゃんと卒業しています。逆にコービーやレブロンがカレッジバスケを経験してからプロ入りしていたら今以上に活躍する選手になっているような気がするんですが。
 
関連記事

| NBAその他 | 21時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/13-a7e2b104

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。