<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ポジション別考察 シックスマン

 スターターではない控え。試合の流れを変えたりするために重要な控え選手がシックスマンです。見てると点取り屋が多いです。今年のチームで有名なのはニックスのJR・スミス、クリッパーズのジャマール・クロフォードです。ウィキペディアを見ると「ベンチスタートのサブメンバーの中でも特に活躍できる選手」なんですね。

 僕が見ていると明確に「シックスマン」がいるチーム、いないチームに分かれていると思います。スパーズのシックスマンといえばすぐにエマニュエル・ジノビリを思い出しますが、今年のペイサーズはスターターは強いですが控えが弱いのでシックスマンは誰?って思っちゃいます。優秀な選手もいますがムラがある選手も多い。


 ポジションはSG,SFが多いです。逆にCでシックスマンは見たことがないです。優秀なセンターが少ないからすぐにスターターに格上げされちゃうんですね。

 背が低いPGサイズなのにプレーメイクよりシュートを優先させる選手、スタータークラスの選手であるが、セカンドユニットの得点の中心を担う選手、得点力が高いけれどもディフェンスが弱い選手チーム事情によってさまざまなシックスマンがいます。

 個人的には、チームスポーツであるバスケットボールで協調性がなく、試合の流れを変えるほど爆発力はあるが、好不調の波があってパスをまわさずすぐシュートを打つ選手にこういうポジションがあるというのは凄い事だと思います。
関連記事

| ポジション別考察 | 20時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/128-a3c699cd

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。