<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ウエストトップ3チーム比較

                   W-L  備考
1,サンアントニオ        38-11 10連勝中
2,オクラホマシティー     35-12 KDは一試合平均時間がリーグ2位(39.5M)
3,ロサンゼルス・クリッパーズ 34-14 C・ポールが欠場中

 2月3日までの3チームの成績です。スパーズはただいま10連勝中。相変わらず安定してます。最近はテ控えCのティアゴ・スプリッターがスターターになることも多くなってきました。

 サンダーは去年までのシックスマンだったジェームス・ハーデンがいなくなってどうなるかと思いましたが相変わらず勝っています。代わりに来たケビン・マーティンは得点では貢献してますが他のスタッツが前者のハーデンと比べて今ひとつ。ケビン・デュラントとラッセル・ウエストブルックの負担が上がっています。クリッパーズはここ最近の司令塔クリス・ポールの欠場もあり成績が落ちてきました。

 こうやって見るとスパーズの強さが際立ちますがプレーオフで勝ててないのが最近のスパーズ。


 僕は今まで個人の力で依存するのではなく、選手間同士のエゴがなく控えも充実しているチームが強いチームだと思っていたんですが、去年のプレーオフウエスタンカンファレンスファイナルでその考えがちょっと変わってきたんです。
 
 レギュラーシーズンにスターターの出場時間をうまく抑えてプレーオフにあわせてきたスパーズが4-2でデュラント率いる若いサンダーに負けたことはちょっとショックでした。単なる世代交代ではない、「ケビン・デュラント」という本当に超人的な活躍をする選手がいれば結果は違ってくるんだなぁだなぁとおもいました。

 だから今年もOKCがプレーオフで上がってくると思います。スパーズがプレーオフで来るとしたら若手がどれだけ成長してチームに絡んでくるかですよね。
関連記事

| NBAチーム | 00時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://nbatalk.blog.fc2.com/tb.php/115-c6eaeabe

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。